本当は一歩も家から出たくない超絶インドアPAPAの子育てライフ

子育て中のパパとして日々の出来事を気ままに更新していきたいと思います♪育児の大変さ楽しさなど、共感していただける方とたくさん繋がっていきたいと思ってますので、お気軽に見ていっていただければ嬉しいです(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

<育児・子育て>によるストレスをなくすためにもパパもイクメンになって<家事・育児>を夫婦で共に!

 

kökkin.s (@kokkin.s) • Instagram photos and videos

目次

 

 

<子育ては夫婦で協力してますか?>

 

最近はイクメンという言葉も定着しつつあり、子育てに積極的な男性(お父さん)も大分増えてきていると思います。

 

あのメルカリの社長も育児休暇をとったとか、、、!

社長である自分が率先して育児休暇を取ることによって、社員の男性(もちろん女性も)育児のための育児休暇を取りやすい環境作りをする為みたいです。

 

こういった動きには凄く賛成です!

もっと広まればちゃんと家族で過ごす時間の大切さを知るお父さんも増えるはずです。

 

 

仕事も大事!

もちろん生活をしていく上で毎日食べていこうと思えば、仕事をしてお金を稼ぐというのも大事なことだと思います。

 

でも仕事がメインになってしまったら、なんのために誰と結婚して家族になっているのか?そんな疑問が芽生えてきそうです。。(僕の場合は!です)

 

僕はあくまで、子供は小さい時こそ家族でいる時間、過ごすことのできる時間を大切にするべきだと思います。

 

確かに子供達が大きくなって、学校に通って、学費が、、とか考えるとお金の問題も頭をよぎりますが、それでも『パパ〜ママ〜』ってよってきてくれるのは、そんな小さい頃しかありません。

 

仕事がある程度落ち着いてきた頃にやっと時間を作ることができても、時すでに遅しで、子供達が寄ってきてくれないと後悔したところで、自分も子供たちが小さい頃に歩み寄ってなければ、なかなか寄ってきてはくれないと思います。

 

 

子供にとっては親の都合は関係ない

f:id:KOKKIN:20171028231103j:plain

 

仕事が忙しいから、自分の時間も欲しいからなど、何かと家族での時間を作れないことの言い訳を考えることは簡単です。

もしかすると本当に仕事が多忙で時間を取ることが難しいかもしれないですが、それでも、子供たちにとっては関係ないことです。。

 

時間は作ろうと思えば作れるはず!

 

それがたった1時間だけだったとしても、その1時間をどう過ごしてあげることが出来るのか?その1時間を積み上げていけば、たとえ一回で取れる時間は少なくても、子供たちにとってはかけがえのない時間になっていくと思います♪

 

 

最近のドラマを見てて

少し前ですが、『うちの夫は仕事ができない』というドラマが放映されてました。

その最終回で、言ってました。

『どうしても家族よりも仕事が1番には来ない、もしそれが仕事が出来ないということになるのであれば、僕は仕事ができません!』

 

って言葉に僕は久々に涙しそうでした。。。

 

こういう考え方のお父さんも増えてきていると思いますし、言い方は悪いかもしれないですが、古い考え方の会社はまだまだ多いです。。

 

家事・育児のため男性が(女性でも)休みを取ったり早くに会社から帰ったりすると、周りからの視線はやっぱり気になりますし、現にそう言う雰囲気の会社は全然あります!

 

そしてもう一つこれは今やっているドラマでコウノドリでのワンシーンです。

 

お父さんが『子育てに、僕も協力するよ!』って言っていた言葉。一見いい言葉なような気もしますが、、

 

この後先生が『協力じゃない!あなたの子供だ!』って言うんですよね。。。

 

確かにそうですよね?子育てや育児の主体はお母さんでお父さんは補助の役割と考えている人も結構多いってことですね。

 

その考え方を変えていってお母さんでお父さんなのであれば、二人が協力をして子育てをするべきですし、『夫婦共働き』という言葉があるのであれば、『夫婦共子育て』という言葉があってもおかしくないと思います。

 

なので、男はこうあるべき!とか女はこうじゃないと!とかそんな考え方からもう少しシフトしていくべきだと思います!

 

 

男性も育児休暇を取得するべき

日本での男性の育児休暇の取得率はご存知ですか?

 

約3%です!!わずかこれだけです!こんなに世の中では、イクメンだ育休だといっている割に少ない数字ですよね。。。

 

育児休暇は女性が取得する場合でも煙たがる会社はあります。

ということは男性が取るなんてもってのほか!と考えている会社なんてゴマンとあると言うことです。。。

 

それだけ日本ではまだ普及していないと言うことですよね。

 

f:id:KOKKIN:20171028231903j:plain

 

家族で過ごす時間の大切さ

人の一生は短いです。

その中でさらに家族で過ごす時間、そして子供たちと過ごす時間、大人になるまでが20歳として、せいぜい一緒に出かけるのは小学生か中学生の初めぐらいまで(例外はあると思いますが)とすると、たかだか10年ほどしか一緒に遊んだり同じ時間を過ごす時間はないと言うことですよね?

 

でも仕事は、お金が必要な限り一生しなければいけません!

 

であればそのうちの10年ぐらいは、仕事の方ではなく家族で過ごす時間、子供といる時間を優先した方が、幸福感は大きいと思います。(仕事が命な方は別ですが、、)

 

なので会社側に求められたから休めない、、、とか周りの目が気になるとか言って言い訳をしていたら時間はあっという間に過ぎていきます!

 

だからこそ後悔しないように今どう行動するのが一番幸せなことなのか?

(子ども達にとっても)と言うことを考えていければいいかもしれないですね♪

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

本当に人生いつどうなるか分かりません。

病気になることもあるし健康でも突然事故に遭うことだってあります。自分の時間が欲しいって気持ちもわかりますが、そうは言っても自分の家族であり子供です。

 

その環境を作り出したのは他でもない自分自身です!

 

なので今この時をどうすれば幸せな時間にすることができるのか?

親であれば子供たちが楽しそうに笑っていればそれだけで幸せな気持ちになれると思います。

 

笑顔で過ごす時間を増やすために、ライフスタイルを考えて、家族での時間も大切にしていきたいですね♪

 

 

instagram.com

 

creator.pixta.jp

 

page.line.me

 

 

 

 

 

写真素材のピクスタ 写真素材のピクスタ